満月の夜にはライチの香りのするワインでほろ酔い!!

つい先程!!待ちに待ったワインが届きました。
Gewurztraminer Cryo Extraction 2019
僕の大好きな品種の一つです。
広島のVinoble Vineyardで造られたワイン。生産本数も20本。
このワインは極甘口に仕上げられたデザートワイン。香りはライチそのもの。
なんでもご子息のバースデーヴィンテージで20年持つワインを造りたかったとのこと。20年後は晴れて成人、お父上と一緒に飲めますね。そこまで計算し尽くして出来上がったワイン。じっくりと味わって飲まないと勿体ないですね。
このGewurztraminer→「ゲヴェルツトラミネール」と読むのですが発音が難しい!!僕もサラッと言えるのに1週間程、掛かりました。でも、ワインを扱っているレストランに行って「ゲヴェルツトラミネール」をスラスラと注文すると一目置かれます。対応が全く変わってしまう(笑)
まだ到着したばかりのワイン。試飲はしていないけれど造り手から「ブランイド奈良100%日本ワインとは言われないです。自分なら日本ワインではないと答える自信がありますw、ライチ酒です。日本ワインなんて…なんて思っている貴方に飲んで欲しい、そんな固定概念をぶち壊すワインです。数ないし、高いけど…」
数に限りがありますので早めにご来店し飲んじゃってくださいね。