器の紹介

ずっとずっとブルーの器を探していました。

やっと見つけたのが京都の作家・東一仁さんの器。写真では今ひとつと思っていましたが実際に見て見るとターコイズやブルーの色合いに引き込まれ、色もさることながらシンプル過ぎないモダンな器に心を奪われBLESSの器として決めました。

 

東一仁さんの棚と同じところにあったのが作家・水野幸一さんの器。最初に見た時には陶器とは思えず器と睨めっこ!!でもこの器、僕を買って使って!!と訴えかけてきました???

これはBLESSの器にしなくてはとの思いを込めて購入。見た目と違い凄く軽いんですよ。

 

そして最後に選んだのが作家・安田宏定さんの箸置き。

BLESSでは箸置きとして使用するのではなく軽めのおつまみを乗せてお出してする器です。でも初めて見た時には安田さんの個性が際立ち箸置きとはわかりませんでした。

 

BLESSでは日本ワインだけでなくワイングラスや器も楽しんでいただきたいと思っております。