ラガーワイン!

緊急事態宣言!
明日のトップリーグ2021プレーオフトーナメント2回戦、お客さんを入れてやることになったんですね。
そんならぐひを応援して今日は山梨県の東晨ワイナリーさんの「All for one」!!
みんなは一つの目的のために!
ちなみに「One for All」一人はみんなのために!は赤で在庫があります。 写真のワインの品種は甲州!ワイン入門編としてまだまだワインを飲み慣れていない方にオススメ!
甲州らしくスッキリとまとまっています。

このワイナリー のオーナーは元日川高校のラグビー部、ワインにも魂のタックルで毎年、美味しいワインを造っています。
あとはスクラムやタックルなんていうワインもありますのでぜひ、バーで飲んでみてください!

営業のご案内

4月23日以降の営業のご案内

4月23日 17時から21時
24日 17時から21時
25日 17時から21時
26日 臨時休業
27日 17時から21時
28日 定休日
4月29日〜5月5日 14時から20時
各日ラストオーダーは閉店時間30分前です。

コロナウィルス対策のため一度に入店出来るのでは1グループ(最大3名さま)までです。

皆さまのお越しをお待ちしております。

かなりクラクラするかも!

 

今日はちょっと変化球なワイン!
山梨県にある東晨ワイナリーの「醸し甲州樽醸造」

ここで言う「醸し」とは果皮・果肉・種子などを果汁と共に漬け込む工程のこと。本来、甲州(白)ですから果皮や種子は取り除きます。つまり白ワイン用の葡萄を赤ワインの工程で造られたワイン。
葡萄は2014年に収穫されたものです。今年で6年目間、セラーで保管してみました。もともとら辛口で個性が強かったワインですが6年の時を経てどのように変化しているでしょうか?
ぜひ!皆さんと一緒に味わいたいと思いますのでオーダー、お願いします😊

日本一の醸造家

いつの間にか明日になっちゃいました!
実は写真のワイン、山梨県にあるkisvinさんのワイン。最近は人気ぐ高く品薄になることが多く、嬉しいやら悲しいやら?
明日20日火曜日、NHKプロフェッショナル仕事の流儀で醸造家の斎藤まゆさんが取り上げられます。ワイン醸造家が取り上げらるるのは初めてなんじゃないかな?
ワイン造り、普段は見ることが出来ないシーンも多いはず。ぜひ番組を観てワインをもっともっと好きになっていただけたら!
コロナが終息したら、バーに呼んでメーカーズディナーをやりたいと思っています。

彼女、本当に格好良いですから!

写真のワインはシラーのロゼ、あまりシラーのロゼを見たことがありませんが全てにおいてバランスの良いワインに仕上がっています。
香りはローレルやタイム、黒胡椒、鼻を澄ましてみるとチョコレートやシナモンの香りも漂います。
現在、バーにはシラーのロゼとルビー(シラーとピノ・ノワールのブレンド)の2種類がありますのでぜひ!飲みに来てください!

#日光
#日本ワイン
#日本ワイン好き
#日本ワインが飲める店
#日本ワインバー
#日本ワインしかない店
#日本ワインの飲める店
#日本ワインにこだわる
#日本ワインがグラスで楽しめる
#ワインバー

味噌酵母を使ったワイン!

今日は山梨県の四恩醸造さんの白ワイン「希望」
このワイナリーはまだ訪問していないのでバーで販売は出来ないのですが酒屋さんで見つけて衝動買いをしてしまいました。
ワインリストには記載しておりませんのでもし!飲んでみたいなぁ〜と思ったら声をかけてください。
さてこのワイン、品種はソーヴィニヨン・ブランとプチマンサン、シャルドネをブレンドしたもの。
さくらんぼや青林檎の甘い香りとグレープフルーツやレモングラスの爽やかな香りが楽しめます。スパイシーな味わいとハーブ系のスッキリした味わいと香りが辛口で個性あふれるワインに仕上がっています。
ぜひ!バーで飲んでみてくださいね。

希望!

今日は山梨県の四恩醸造さんの白ワイン「希望」
このワイナリーはまだ訪問していないのでバーで販売は出来ないのですが酒屋さんで見つけて衝動買いをしてしまいました。
ワインリストには記載しておりませんのでもし!飲んでみたいなぁ〜と思ったら声をかけてください。
さてこのワイン、品種はソーヴィニヨン・ブランとプチマンサン、シャルドネをブレンドしたもの。
さくらんぼや青林檎の甘い香りとグレープフルーツやレモングラスの爽やかな香りが楽しめます。スパイシーな味わいとハーブ系のスッキリした味わいと香りが辛口で個性あふれるワインに仕上がっています。
ぜひ!バーで飲んでみてくださいね。

ドメーヌ・ミエイケノ!ラスト一本。

春だからピノ・ノワールの季節!と勝手に思っておりますが今日のオススメワインは山梨県のドメーヌ・ミエイケノさんのピノ・ノワール2018。
畑の名前は「猫の足跡畑」、なんでも初めて畑に入った時は猫の足跡がいっぱい🐾あったそうでそこから「猫の足跡畑」に決まったそうです。
バーのキャラクターも猫、何か縁があるなぁ〜と取り引きを決めました(嘘)
写真の上の部分、キャップシールには猫の足跡が!さらにコルクにも足跡がありこだわりが凄い!

香りは紅茶やグローブ、スミレ、カカオにチョコレート、キャラメル。タンニンは繊細で酸味もしっかり!他にもピノ・ノワールはあるけれど、これだけ優しい味わいと余韻が得られるのはこのワインだけ!
2018年ヴィンテージですので今が一番、美味しい時!
ぜひ、バーで試してみてください。

それから写真のワインが最後の1本です。多分、もう何処にも売っていないと思いますので早く飲んじゃいましょう!

ブラッククィーン!

今日はまたまた肌寒く、人が全くいない日光ですがやっぱり赤ワインが良いかなと思い、長野県のアルカンヴィーニュのブラッククィーンを選んでみました。

ブラッククィーンとは葡萄の名前。しかも1927年に日本で開発された品種なんですよ。

香りはイチゴやプラムの果実味がほのかに漂い、タンニンが少なくてフレッシュな赤ワインです。赤ワインが苦手な方には特にオススメ!
ぜひ!バーで楽しんでみてくださいね。

中棚荘メルロー2016

昨日はジオヒルズのワインをご紹介しましたがワイナリーが出来る前のワインをご紹介!
ワインの名前もそのまま「中棚荘」、赤はメルロー、白はシャルドネ。
同時は中棚荘に泊まって赤白共にいただきました。しかもシャルドネの葉っぱの天ぷらと一緒に!醸造は同じ長野県のアルカンヴィーニュさん、もちろんアルカンヴィーニュさんのワインも取り揃えています。

写真のメルローは2016年収穫の葡萄から作られたワインです。だいたい4年程経っているので今が一番の飲み頃です。しかもこれ1本だけですので早い者勝ちです。
ぜひ!雹を乗り切った2019と飲み比べてみてはいかがでしょうか?

葡萄に感謝を込めて!

今日は長野県小諸市にあるジオヒルズワイナリーのメルロー!
秋になると林檎風呂で有名な中棚荘が作ったワイナリーです。宿泊のお客さまだけが飲めるワインでしたが昨年、念願のワイナリーを設立!中棚荘オリジナルのワインが誕生しました。
初ヴィンテージは白赤含め2000本を予定していましたが雹の被害により300本しか生産が出来ませんでしたがバーにはその内の一本が!

ワインの名前は「cám ơn」、ベトナム語でありがとうを意味します。
雹の被害に遭ったけれどもそれでも負けずにワインになってくれた葡萄達へ感謝を込めた意味とデザインになっています。

雹被害を潜り抜けた葡萄達は優しい口当たりとベリー系の果実味が爽やかに感じる仕上がりになっいます。
早いもの勝ちです。ぜひ!頑張ってワインになった葡萄達をバーで味わってみてくださいね。