小樽の爽やかなワイン

今日は小樽!

行きたいなぁ〜と思いつつ2年もご無沙汰しているうちに遂に!出来ました!

「OSA WINERY」さんの自社オリジナルワイン。

実は小樽にはワイン用の葡萄を栽培する生産者がおらず、今回、初めてのワイン用葡萄。

時間をかけて自力で畑を探し、開拓、1062本の苗を植えながらも、エゾシカやウサギの食害、厳しい雪の重み、虫や病気の被害で何本もの苗を枯らし、心が折れそうになりながらも326本のワインになりました。

ワインの名前は「OTARUVALLER」、小樽の晴れやかで美しい空と山、海、谷に感謝を込めた造語をネーミング。

そのワインはマンゴーやバラ、ブーケガルニの華やかな香りと優しくまろやかな酸、軽い渋味が爽快。余韻に感じる甘味がクセになりそうなそんなワインです。

長さん曰く、特に良い事があった日の超オススメワインだそうです。

このワイン、単一品種ではなく、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、シャルドネ、ゲヴェルツドラミネール、アルバニーリョ、ヴィオニエ、マルヴァジア、ケルナーの8種類。それぞれの良いところがたっぷりと出たワインです。苦労して造られた分、めちゃくちゃ美味しいです。

ぜひ!楽しんでみてください。